ドクター 水素水

高濃度で経済的!水素水スティック ドクター 水素水

毎日飲む水、その種類はたくさんありますが、みなさん自分にあった水を探して飲んでおられることだと思います。
それは水分補給のため?くちあたりが滑らかだから?それとも健康のためでしょうか。
いずれにしても人間にとって水は必ず必要ですので、誰もが何かしらの水は飲まなくてはいけません。

 

健康になるために、その水について少し考えてみませんか?

 

体にいちばんよい水は水素豊富水のドクター・水素水!

毎日飲む水だからこそできるだけよい水を飲みたい、と誰もが思うはずです。
では、よい水とはどんな水でしょうか。
それぞれの考え方はありますが、飲んで健康になれる水ならよい水といえるのではないでしょうか。

 

健康になれる水といえば、水素をたっぷり含む水素水が真っ先に挙げられます。

 

なぜ水素水で健康になれるのか、疑問ですよね?
水素水に含まれる水素は私たちの体内で発生する活性酸素を退治してくれるという働きを持っているのです。

 

もともと活性酸素は、細菌やウイルスをブロックする働きをしますが、日頃のストレスや紫外線、不摂生な生活等で活性酸素が増えすぎて悪玉活性酸素
に変身してしまうのです。
その悪玉活性酸素は、さまざまな病気を起こす引き金になったり、お肌の老化も早めてしまいます。

 

それを防いでくれるのが水素水なのです。

水素水は買って飲むよりつくって飲むほうがお得

水素水は大変高価のもの、というイメージはありませんか?
効果的な水素水の摂り方として、1日に1.5Lくらい摂取するのがよいと言われています。

 

水素水の種類はたくさんあり、500ml前後のアルミパウチやアルミボトルに入っているものが多くなっていますが、値段は1つ300円前後となっており、1日に摂取
したい水素水に換算すると毎日1000円前後かかることになります。
しかし、毎日1000円使っても本当に高濃度の水素水を飲めているとは限りません。

 

水素水に含まれる水素の濃度とその性質についてですが、一般に水素水といわれる水素濃度は0.6ppm〜0.8ppm以上のものですが、水素はとても軽くそして宇宙一小さな
分子ですので、水に溶けにくく、水に水素気体を付加してもすぐに蒸発してしまいます。
このような性質をもつ水素ですので、アルミパウチやボトルに密閉しても、時間とともにどんどん抜けていき表示の水素濃度よりはるかに低い水素水を飲む、という
ことも起こってきます。

 

ですので、水素が抜けない水素水を探さなければいけませんが、水素が抜けていく様は目で確認できませんので探しようがない、というのが現実です。

 

だったら自分で水素水をつくってみてはいかがでしょう?
そう、水素水は自分でつくれるのです。

水素水はやっぱり濃度が大事!高濃度ドクター水素水

自分で水素水をつくってしまうなんて、とても魅力的だとは思いませんか?

 

「ドクター・水素水」ならスティック状の水素発生器を水の入ったペットボトルに入れて、一定時間をおくだけで高濃度の水素水ができるのです。
「ドクター・水素水」は、スティックの中にあるマグネシウムと水を化学反応させて水素水をつくるという仕組みになっており、は時間が経つと減ってしまう
水素発生器とは違い、ペットボトルの中でずっと水素を発生させますので、24時間いつでも高濃度の水素水を飲むことができるのです。

 

例えば500mlのペットボトルに2本スティックを入れた場合は、6時間後には1.69ppm、12時間後には2.07ppm、24時間後には2.40ppmとなるのですが、これにより
水素が抜けるスピードより水素を生成するスピードの方が早くなっているのが分かります。
そして24時間後の水素濃度の高さは他の水素発生器と比べても非常に高い濃度となっています。
スティックタイプの水素発生器の平均水素濃度はつくりたてでも1.0ppm未満のものが多いですので、「ドクター・水素水」でつくる水素濃度は抜群によいといえます。

 

さらに、最新の「ドクター・水素水」はお手入れ要らずの水素水生成器ですので、洗う手間もかかりません。

 

水素水はさまざまな機関で研究され、医療の世界や医薬業界でも活用されはじめています。
これは水素は人間の体によいもの、と証明しているということにつながるのではないでしょうか。

 

みなさんも、「ドクター・水素水」で冷蔵庫を開けたらいつでも水素水が飲める、そして、健康になりたいという想いを実現するために水素水生活をはじめてみませんか?